スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秋田錦町ビルをおもしろくする文化祭」無事終了しました!

今月8月3日(土)に「秋田錦町ビルをおもしろくする文化祭」が行われました。
これは今年5月に行われた「秋田錦町ビルをおもしろくするプレ文化祭」に続く、錦町ビルイベント第2弾です。


8月錦町ビル②



主催は「秋田のために何かしたい」という強い思いを実現するために、首都圏に住む秋田県出身の20代の社会人及び学生を中心に構成されている団体『WE LOVE AKITA』さんです。


以下『WE LOVE AKITA』さんによるイベント概要


竿燈まつりの一日だけ開校する、秋田錦町高校の文化祭
 「秋田をもうちょっとおもしろく」を学ぶ学校です。
 ちょっと大人な、おもしろい生徒たちが文化祭を開催します。


秋田市の竿燈大通りに「秋田錦町ビル」という7階建てのビルがあります。

以前入居していた大手企業が撤退して以来、がらんとしてしまったビルを活性化したいと いう相談を受け、この広いスペースを利用して、若者の県外流出が止まらない秋田に「驚きと 興奮」をもたらす刺激的な空間をつくることはできないかと、WE LOVE AKITAは考えました。

そこで、秋田県内でおもしろい活動をしている各団体・個人・企業に参加いただき、「文化祭」を開催したいと考えました。
秋田に対して様々な考え方を持ち活動を行う方々が一同に介し、楽しむイベント。このイメージが、何でもアリの「文化祭」に結びつきました。

「秋田をもうちょっとおもしろく」という観点で、ちょっと大人な生徒たちが、様々な出し物を行います。

竿燈まつりで賑わう街を見ながら、楽しい空間を創りたいと思います。

以上です。


我々「東北”エイガ」は前回に続き、上映会を行いました。
上映した作品は全9本。秋田のアートアニメ、PV、青森や山形の自主映像作品も上映しました。



8月錦町ビル③


上映した作品のお客様の感想を紹介します。


【にらめっこ】
秋田アートアニメをつくる会(2006年作品)






・独特の世界観でおもしろかったです。こどものころに見たクレイアニメを思い出しました。(女性/20代)

・ほおがピクピクと動くところまで表現されていて、リアリティーがありました。(女性/20代)

作る過程を見てみたいと思った。


【土の味】
秋田アートアニメをつくる会(2007年作品)


土の味(制作風景)
※画像は制作過程のものです。コネキネマブログより


・土という一つのものから、戦争やゴミ問題まで様々なものが表現されていて、すごいと思いました。(女性/20代)

・難しい世界観だったけれども、考えながら観るのが楽しかった。(女性)

・花から始まり花で終わるのが良かったです。(女性/20代)



ほしいな、小型エンジン 半田技研&四丁目アニメスタジオ




・ほのぼのとしていて和みました。(女性/20代)

・歌詞と映像が合っていて、ずっと観ていたくなった。(女性)



【night picnic】
堀内克之/(2004年作品)







・次の日に残る夢のような作品、落ちる女性に心がやられた。(男性/20代)



【insanity】
堀内克之/(2005年作品)



insanity



・いろいろな場面が出てきて、いろいろなことを想像させてくれた。(男性/10代)

・この作品から観ました。手の甲は何を表現しているのだろう。(男性/40代)



【From 青公大 to ACAC】
青森公立大学芸術サークル(a.a.c)/(2013年作品)






・コマ撮りが面白かった、大学から芸術センターまでの距離が近いということを
上手に表現していて、すごいと思った。(10代 男性)

・コマ撮りの映像なので、普通の映像とまた違った感じでした。ただ紹介するだ
けでなく、あのようにやると印象に残りやすいと思いました。(10代  女性)

・不思議なリズム感が心地よい。何故2人はお面を付けているのだろう。(40
代 男性)



【レストランGive】
LOVE Sai デコデコ/(2001年作品)


8月錦町ビル⑥レストラン



・会話が聞こえてきそうな良いテンポだった。(男性/40代)



【つみき】
LOVE Sai デコデコ/(2003年作品)


8月錦町ビル⑦つみき



・前作より(レストランGive)よりも洗練され、人形の表情も豊かだった。(男性/40代)


以上です。



東北”エイガは作品上映だけではなく、他の出展者の記録やインタビューも撮影いたしました。

8月錦町ビル④


近いうちに、秋田で活動する映像制作工房「コネキネマ」が、秋田市で再び上映会を行う予定です。
詳細が決まりましたら、こちらのブログでもお知らせいたします。


最後に「東北”エイガ上映会」を見てくれたお客様、「秋田錦町ビルをおもしろくする文化祭」を主催した「WE LOVE AKITA」の皆様、このイベントに参加した全ての皆様、どうもありがとうございました。

8月3日(土)に「東北”エイガ」上映会が行われます。

2013年8月3日(土)、5月に引き続き、秋田市の秋田錦町ビルにて
「東北”エイガ上映会」を行う事が決定いたしました。


詳細は後ほど、お知らせいたします。

「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」に参加しました。(つづき)

5月5日(日)に秋田市で行われた「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」に参加された「東北”エイガ」以外の団体の方達を、動画と共にご紹介いたします。

主催の

【WE LOVE AKITA】

WE LOVE AKITAブログより抜粋

「秋田のために何かしたい」という強い思いを実現するために、首都圏に住む秋田県出身の20代の社会人及び学生を中心に構成されています。分野あるいは団体の枠に捉われない様々な活動を通じ、もっと元気で、もっと面白い秋田の形成を目指しています。

具体的活動は

・テーマを決めて秋田について語り合う定期勉強会「秋田さみっと」の実施

・秋田を全面に出し、秋田への愛着や誇りを思い出す機会を提供する音楽イベントの開催

・誰でも秋田を応援できる仕組みづくりのための「Farmer's Market @ UNU」出店


・「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」について

秋田市の竿燈大通りに「秋田錦町ビル」という7階建てのビルがあります。

以前入居していた企業が撤退して以来、がらんとしてしまったオフィスビル。
こう言っては何ですが、日本中に同じ様なビルがどのくらいあるんだろうという様な、ビル。日本どころじゃないですね。先進国の地方都市ならどこでも見かける風景です。

この広いスペースを利用して、若者の県外流出が止まらない秋田に「驚きと興奮」をもたらす刺激的な空間をつくることはできないかと、WE LOVE AKITAは考えました。

そこで、秋田県内でおもしろい活動をしている各団体・個人・企業に参加いただき、8月に「文化祭」を開催したいと考えました。秋田に対して様々な考え方を持ち活動を行う方々が一同に介し、楽しむイベント。このイメージが、何でもアリの「文化祭」に結びつきました。


【学生団体ATMU!】


学生団体ATMU!ホームページより抜粋

ATMU!は「秋田」「つながり」「未来」 「うきうき」 「!」 の頭文字です。現在は秋田大学、秋田県立大学、国際教養大学、美術工芸短期大学、ノースアジア大学から計18名のメンバーで活動しております。

①学生が気軽に参加できる場所の提供

②地域の人々が気軽に参加できる場所の提供

③未来への可能性の提供

私たちは学生の活気は地域の活気を生むと考えています。この学生の活気を生むため、ATMU!は学校や分野を越えたつながりの場(イベント)をつくります。


・ATMU!さんが「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」で行ったものは

「ふうせん鯉のぼりを飛ばそう」と「喫煙所ならぬ、シャボン玉所」です。





【Akita Learning Lab(読書会)】


Akita Learning Labホームページより抜粋

・おすすめの本について共有・議論をしていきます。

・テーマ本についての研究会をします。

・著者を招待し,著書の内容について深めていきます。

読書会のやり方

①開催場所に集合し,ドリンク等各自でオーダー(会場でお借りしておりますので必ずお願いします)

②3~6人で1グループとなって自己紹介

③持参した本のオススメのポイントを3分で紹介

④紹介された本について5分間のフリートーク

⑤次の人のターンになり、グループ全員が紹介を行う




Akita Learning Labさんのブログで「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」での本の紹介リストをアップしております。

こちらからどうぞ↓

http://all2011.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


【よさとせ歌舞輝】

よさとせ歌舞輝ブログより抜粋

よさとせ歌舞輝は、大学生によるチームです。 2006年4月に発足以来、学生自慢のありあまる熱意をもって、 県内各地のイベントに参加しています!




・ここからは音楽ライブの方達をご紹介いたします。

【柳原れい】





【はっち】





【SONG ORDER】





他にも沢山の団体や個人の方々が参加されているのですが、多すぎて紹介できません(涙)

主催の「WE LOVE AKITA」さんのブログを参考にしていただければと思います。

最後に「WE LOVE AKITA」さんのブログより集合写真を拝借いたしまして・・

秋田錦町ビル5月プレ文化祭(集合写真)

「WE LOVE AKITA」「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」に関わった全ての皆様へ

このたびは大変お世話になりました。ありがとうございました。

「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」に参加しました。

5月5日、日曜日に「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」というイベントで
東北”エイガが上映会を行いました。


前回も書きましたが復習しますと

こちらのイベントはWE LOVE AKITAという団体が主催し、秋田県内のおもしろい活動をしている各団体・個人・企業が参加します。秋田錦町ビルという以前入居していた大手企業が撤退して以来、がらんとしてしまったビルの広いスペースを利用して、若者の県外流出が止まらない秋田に「驚きと 興奮」をもたらす刺激的な空間にするべく「文化祭」を行います。秋田に対して様々な考え方を持ち活動を行う方々が一同に介し、楽しむイベントです。


秋田錦町ビル①


秋田錦町ビル②


我々「東北”エイガ」は秋田・青森の作品を中心に上映をいたしました。


秋田錦町③


清水川さん(映像制作工房 コネキネマ

「おはようございます。このたびは秋田錦町ビル5月プレ文化祭に参加させていただき、誠にありがとうございます。私たちは秋田県内で自主映画を製作しているコネキネマという団体です。青森で自主映画の上映を行っているOSIMVIDEOも参加しております。今回のプレ文化祭では東北”エイガとして参加いたします。秋田県内で製作された2本のドラマとアートアニメ1本、青森県内で製作されたドラマ2本とPVが1本です。昨年12月に行われました東北”エイガの秋田会場、青森会場の様子、2年前に秋田市内のライブハウスで行われたアキタオジサンVSアオモリガールズの様子もダイジェストで流します。最後までごゆっくりとお楽しみ下さい。」


お客様の作品感想です。(上映順)


・「しんとしている」/鈴木真央監督(2010年作品)


しんとしている


☆素朴な趣きでした。


「シビレ田電気」/遠藤直隆監督(2011年作品)


シビレ田電気


☆テレビから青年が出てくるところがキモチワルかった(いい意味で)

☆ちょっとカルトっぽくて面白かったです。

☆世にも奇妙な物語の雰囲気でした。


「私ノキモチ」/阿部彩乃監督(2011年作品)


私ノキモチ


☆いわゆる「いい話」なのかもしれませんが、強いリアリティーを感じました。

☆何か考えさせられる。自分にもある内面を映し出している映画でした。


「パーフェクトスマイル」勝田睦樹監督(2011年作品)


パーフェクトスマイル


☆最後の笑顔がよかったです。

☆格闘シーンのアイディアが面白かったです。



「にらめっこ」/秋田アートアニメをつくる会(2006年作品)


にらめっこ


☆技術力では一番でした。

☆アニメと粘土のコラボ・・・最後のキャスト紹介まで楽しめました。



・「大山ユウホの眩しい光」/のぼる監督(2012年作品)

大山ユウホの眩しい光


☆完成度は極めて高かったです。テーマは少し苦手な部類でしたが

☆もうそう・・・ってことですよね。音楽と映像のコラボ感がよかったです。



秋田錦町ビル⑦


秋田錦町ビル⑤


清水川さん(映像制作工房 コネキネマ

「今回プレイベントという事で、作品も8月は若干変わると思いますが、このような形で行いたいと思います。我々は秋田で作品を製作しているコネキネマという団体ですけれども、なかなか人数も少ない中、他に仕事をしながら色々アニメとかドラマ撮影とかやってますので、もし、みなさん協力出来る方がいれば、協力してもらいたいと思います。今回このブースは東北”エイガという事で、秋田から情報を発信してますが、東北全体で映像を通じて色々と伝えて行こうというコンセプトがあるので、これからもより一層、東北中に、映像を見る楽しさ、映像を製作する喜びを伝えていければ良いと思っております。今日は上映会に来て頂き誠にありがとうございました。」


上映会全体の感想です。


◉あまり大きなスクリーンで映像を見ることがなかったので、見れてよかったです。最後の音と映像のコラボが印象的です。NHKのオープニングみたいで、クオリティの高さに驚きました。

◉第2回もやって下さいね!!

◉せっかく作品があっても人目に触れる機会が少ないので、こういった露出する 機会がもっとあると良いと思いました。今回の様なノンジャンルのイベントの1コーナーというのは、普段映画に縁のない人とも接点ができるので、有意義ではないかと思います。


秋田錦町ビル⑥


感想にありましたが、上映会のおしまいにコネキネマの遠藤とOSIMVIDEOの金山が10分程の映像と音楽の即興ライブをいたしました。その時の映像も画像もないのが残念ですが、お客様に喜んでいただけたようなので、内心ほっとしております。

こちらも感想にありましたが、普段自主映像というものに触れる機会のない方々に、作品を見て頂けたのが何より嬉しかったです。我々は東北という広域の連携ですが映像というジャンルも超えて、更に広大な新しい何かが生まれる事を心より期待しておりますし、何かを生み出していきたいと思っております。


最後に「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」を主催されたWE LOVE AKITAの皆様、当日作品を見に来てくれたお客様に感謝申し上げます。ありがとうございました。


今回の「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」は映像以外でも様々なジャンルの人達が参加されたという事で、次回は我々以外の方達の当日の様子をお伝えいたします。

「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」の上映プログラムです。

5月5日、日曜日に「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」というイベントで
東北”エイガが上映会をおこないます。


こちらのイベントはWE LOVE AKITAという団体が主催し、秋田県内のおもしろい活動をしている各団体・個人・企業が参加します。秋田錦町ビルという以前入居していた大手企業が撤退して以来、がらんとしてしまったビルの広いスペースを利用して、若者の県外流出が止まらない秋田に「驚きと 興奮」をもたらす刺激的な空間にするべく「文化祭」を行います。秋田に対して様々な考え方を持ち活動を行う方々が一同に介し、楽しむイベントです。


こちらは昨日の5月4日(土)の準備風景です。

秋田錦町ビル準備①



参加団体はコチラ!

読書会: Akita Learning Lab.
 ライブ: RayWorks
 よさこい演舞: よさとせ歌舞輝(秋田大学)
 お団子屋さん: まちづくりNPOオモシエナ
 こいのぼりワークショップ: 学生団体ATMU!
 GABAをつくろう!: 秋田まるごと!GABAヘラアイスPJ(秋田大学)
 ヨーグルトをつくろう!: ヨーグルト開発PJ(秋田大学)
 映画上映会: 東北"エイガ
 おいしいドリンク: ビア会
 はじめてのヨガ: ヨガ会
 地元アコースティックバンドライブ
  1.柳原れい(大仙)
  2.はっち(にかほ)
  3.Russell Kabir(オクラホマ)
  4.SONG ORDER(東京・横手)


以上の団体の皆様とこの広いスペースをシェアし、「驚きと興奮」の空間を創造いたします。


☆東北"エイガの作品上映プログラムです。


【日時】2013年5月5日(日)11:00-13:00
【場所】秋田錦町ビル 6F
  秋田市旭北錦町1−14
【参加費】無料


11時開始

11時10分頃:「しんとしている」/鈴木真央監督(2010年作品)

11時30分頃:「シビレ田電気」/遠藤直隆監督(2011年作品)

11時40分頃:「私ノキモチ」/阿部彩乃監督(2011年作品)

12時05分頃:「パーフェクトスマイル」勝田睦樹監督(2011年作品)

12時25分頃:「にらめっこ」/秋田アートアニメをつくる会(2007年作品)

12時35分頃:「大山ユウホの眩しい光」/のぼる監督(2012年作品)


13時終了


この他、昨年行われた東北”エイガ上映会の秋田会場や青森会場の様子なども紹介する予定です。
それ+秋田の自称マルチアーティストの映像を使ったライブなんかも予定しておりますよ。


秋田錦町ビル準備③




我々以外の他の団体の方達も、とても楽しげなので
お時間ある方は是非、秋田錦町ビルまで遊びに来て下さい!!


秋田錦町ビル準備②


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。