FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」に参加しました。

5月5日、日曜日に「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」というイベントで
東北”エイガが上映会を行いました。


前回も書きましたが復習しますと

こちらのイベントはWE LOVE AKITAという団体が主催し、秋田県内のおもしろい活動をしている各団体・個人・企業が参加します。秋田錦町ビルという以前入居していた大手企業が撤退して以来、がらんとしてしまったビルの広いスペースを利用して、若者の県外流出が止まらない秋田に「驚きと 興奮」をもたらす刺激的な空間にするべく「文化祭」を行います。秋田に対して様々な考え方を持ち活動を行う方々が一同に介し、楽しむイベントです。


秋田錦町ビル①


秋田錦町ビル②


我々「東北”エイガ」は秋田・青森の作品を中心に上映をいたしました。


秋田錦町③


清水川さん(映像制作工房 コネキネマ

「おはようございます。このたびは秋田錦町ビル5月プレ文化祭に参加させていただき、誠にありがとうございます。私たちは秋田県内で自主映画を製作しているコネキネマという団体です。青森で自主映画の上映を行っているOSIMVIDEOも参加しております。今回のプレ文化祭では東北”エイガとして参加いたします。秋田県内で製作された2本のドラマとアートアニメ1本、青森県内で製作されたドラマ2本とPVが1本です。昨年12月に行われました東北”エイガの秋田会場、青森会場の様子、2年前に秋田市内のライブハウスで行われたアキタオジサンVSアオモリガールズの様子もダイジェストで流します。最後までごゆっくりとお楽しみ下さい。」


お客様の作品感想です。(上映順)


・「しんとしている」/鈴木真央監督(2010年作品)


しんとしている


☆素朴な趣きでした。


「シビレ田電気」/遠藤直隆監督(2011年作品)


シビレ田電気


☆テレビから青年が出てくるところがキモチワルかった(いい意味で)

☆ちょっとカルトっぽくて面白かったです。

☆世にも奇妙な物語の雰囲気でした。


「私ノキモチ」/阿部彩乃監督(2011年作品)


私ノキモチ


☆いわゆる「いい話」なのかもしれませんが、強いリアリティーを感じました。

☆何か考えさせられる。自分にもある内面を映し出している映画でした。


「パーフェクトスマイル」勝田睦樹監督(2011年作品)


パーフェクトスマイル


☆最後の笑顔がよかったです。

☆格闘シーンのアイディアが面白かったです。



「にらめっこ」/秋田アートアニメをつくる会(2006年作品)


にらめっこ


☆技術力では一番でした。

☆アニメと粘土のコラボ・・・最後のキャスト紹介まで楽しめました。



・「大山ユウホの眩しい光」/のぼる監督(2012年作品)

大山ユウホの眩しい光


☆完成度は極めて高かったです。テーマは少し苦手な部類でしたが

☆もうそう・・・ってことですよね。音楽と映像のコラボ感がよかったです。



秋田錦町ビル⑦


秋田錦町ビル⑤


清水川さん(映像制作工房 コネキネマ

「今回プレイベントという事で、作品も8月は若干変わると思いますが、このような形で行いたいと思います。我々は秋田で作品を製作しているコネキネマという団体ですけれども、なかなか人数も少ない中、他に仕事をしながら色々アニメとかドラマ撮影とかやってますので、もし、みなさん協力出来る方がいれば、協力してもらいたいと思います。今回このブースは東北”エイガという事で、秋田から情報を発信してますが、東北全体で映像を通じて色々と伝えて行こうというコンセプトがあるので、これからもより一層、東北中に、映像を見る楽しさ、映像を製作する喜びを伝えていければ良いと思っております。今日は上映会に来て頂き誠にありがとうございました。」


上映会全体の感想です。


◉あまり大きなスクリーンで映像を見ることがなかったので、見れてよかったです。最後の音と映像のコラボが印象的です。NHKのオープニングみたいで、クオリティの高さに驚きました。

◉第2回もやって下さいね!!

◉せっかく作品があっても人目に触れる機会が少ないので、こういった露出する 機会がもっとあると良いと思いました。今回の様なノンジャンルのイベントの1コーナーというのは、普段映画に縁のない人とも接点ができるので、有意義ではないかと思います。


秋田錦町ビル⑥


感想にありましたが、上映会のおしまいにコネキネマの遠藤とOSIMVIDEOの金山が10分程の映像と音楽の即興ライブをいたしました。その時の映像も画像もないのが残念ですが、お客様に喜んでいただけたようなので、内心ほっとしております。

こちらも感想にありましたが、普段自主映像というものに触れる機会のない方々に、作品を見て頂けたのが何より嬉しかったです。我々は東北という広域の連携ですが映像というジャンルも超えて、更に広大な新しい何かが生まれる事を心より期待しておりますし、何かを生み出していきたいと思っております。


最後に「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」を主催されたWE LOVE AKITAの皆様、当日作品を見に来てくれたお客様に感謝申し上げます。ありがとうございました。


今回の「秋田錦町ビル5月プレ文化祭」は映像以外でも様々なジャンルの人達が参加されたという事で、次回は我々以外の方達の当日の様子をお伝えいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。