スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秋田錦町ビルをおもしろくする文化祭」無事終了しました!

今月8月3日(土)に「秋田錦町ビルをおもしろくする文化祭」が行われました。
これは今年5月に行われた「秋田錦町ビルをおもしろくするプレ文化祭」に続く、錦町ビルイベント第2弾です。


8月錦町ビル②



主催は「秋田のために何かしたい」という強い思いを実現するために、首都圏に住む秋田県出身の20代の社会人及び学生を中心に構成されている団体『WE LOVE AKITA』さんです。


以下『WE LOVE AKITA』さんによるイベント概要


竿燈まつりの一日だけ開校する、秋田錦町高校の文化祭
 「秋田をもうちょっとおもしろく」を学ぶ学校です。
 ちょっと大人な、おもしろい生徒たちが文化祭を開催します。


秋田市の竿燈大通りに「秋田錦町ビル」という7階建てのビルがあります。

以前入居していた大手企業が撤退して以来、がらんとしてしまったビルを活性化したいと いう相談を受け、この広いスペースを利用して、若者の県外流出が止まらない秋田に「驚きと 興奮」をもたらす刺激的な空間をつくることはできないかと、WE LOVE AKITAは考えました。

そこで、秋田県内でおもしろい活動をしている各団体・個人・企業に参加いただき、「文化祭」を開催したいと考えました。
秋田に対して様々な考え方を持ち活動を行う方々が一同に介し、楽しむイベント。このイメージが、何でもアリの「文化祭」に結びつきました。

「秋田をもうちょっとおもしろく」という観点で、ちょっと大人な生徒たちが、様々な出し物を行います。

竿燈まつりで賑わう街を見ながら、楽しい空間を創りたいと思います。

以上です。


我々「東北”エイガ」は前回に続き、上映会を行いました。
上映した作品は全9本。秋田のアートアニメ、PV、青森や山形の自主映像作品も上映しました。



8月錦町ビル③


上映した作品のお客様の感想を紹介します。


【にらめっこ】
秋田アートアニメをつくる会(2006年作品)






・独特の世界観でおもしろかったです。こどものころに見たクレイアニメを思い出しました。(女性/20代)

・ほおがピクピクと動くところまで表現されていて、リアリティーがありました。(女性/20代)

作る過程を見てみたいと思った。


【土の味】
秋田アートアニメをつくる会(2007年作品)


土の味(制作風景)
※画像は制作過程のものです。コネキネマブログより


・土という一つのものから、戦争やゴミ問題まで様々なものが表現されていて、すごいと思いました。(女性/20代)

・難しい世界観だったけれども、考えながら観るのが楽しかった。(女性)

・花から始まり花で終わるのが良かったです。(女性/20代)



ほしいな、小型エンジン 半田技研&四丁目アニメスタジオ




・ほのぼのとしていて和みました。(女性/20代)

・歌詞と映像が合っていて、ずっと観ていたくなった。(女性)



【night picnic】
堀内克之/(2004年作品)







・次の日に残る夢のような作品、落ちる女性に心がやられた。(男性/20代)



【insanity】
堀内克之/(2005年作品)



insanity



・いろいろな場面が出てきて、いろいろなことを想像させてくれた。(男性/10代)

・この作品から観ました。手の甲は何を表現しているのだろう。(男性/40代)



【From 青公大 to ACAC】
青森公立大学芸術サークル(a.a.c)/(2013年作品)






・コマ撮りが面白かった、大学から芸術センターまでの距離が近いということを
上手に表現していて、すごいと思った。(10代 男性)

・コマ撮りの映像なので、普通の映像とまた違った感じでした。ただ紹介するだ
けでなく、あのようにやると印象に残りやすいと思いました。(10代  女性)

・不思議なリズム感が心地よい。何故2人はお面を付けているのだろう。(40
代 男性)



【レストランGive】
LOVE Sai デコデコ/(2001年作品)


8月錦町ビル⑥レストラン



・会話が聞こえてきそうな良いテンポだった。(男性/40代)



【つみき】
LOVE Sai デコデコ/(2003年作品)


8月錦町ビル⑦つみき



・前作より(レストランGive)よりも洗練され、人形の表情も豊かだった。(男性/40代)


以上です。



東北”エイガは作品上映だけではなく、他の出展者の記録やインタビューも撮影いたしました。

8月錦町ビル④


近いうちに、秋田で活動する映像制作工房「コネキネマ」が、秋田市で再び上映会を行う予定です。
詳細が決まりましたら、こちらのブログでもお知らせいたします。


最後に「東北”エイガ上映会」を見てくれたお客様、「秋田錦町ビルをおもしろくする文化祭」を主催した「WE LOVE AKITA」の皆様、このイベントに参加した全ての皆様、どうもありがとうございました。

スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。